ネット販売、量販店、専門店の違いについて

ネット販売、量販店、専門店の違いについて

「専門バイクは専門店で買うべき」の一言で記事を書き終えたいところですがご来店のお客様から

「違いはなんですか?」というご質問が多く寄せられるのでこちらでもご説明いたします。

大まかにですが「ネット販売」「量販店」「専門店」のメリット、デメリットをお客様のご質問も参考にし考えていきたいと思います。

まずはご質問の多いネット販売について考えていきたいと思います。

ネット販売について

メリット

・価格が安い

・店員とのやり取りが無いので気楽

・販売量が豊富

デメリット

・流通経路の不安

・アフターサービス無し

大幅値引きなど魅力的な価格設定に目が行きますね。ついつい関連ページも読み進めてしまいます。

ただ気になるのは流通経路です。正規代理店がネット販売している場合は除きますが。

整備、メンテナンスなどはショップ持ち込みかセルフメンテとなるため、ある程度の知識は必要です。

ご注意:年に何度か依頼がありますが「ネット購入したハイエンドモデルの事故の見積もり」です。

全損となるような場合にも証明するものが無いので見積不可の場合がほとんどです。

個人的な意見としては安心して購入できるネット販売業者さんか見極める事が出来、なおかつバイク、パーツの知識を有する方ならありなのかと思いました。

量販店について

メリット

・とにかく入りやすい

・スタッフも気軽に声がかけられる

・エントリーモデルの展示が豊富

デメリット

・専門性に欠ける

・スタッフの技術にばらつきがある

・高級車も注文可能だが不安

私も試しに量販店さんに潜入してみました(笑)

第一印象はとにかく入りやすい環境で「見るだけ入店」も気軽にできのんびりとウインドショッピングを楽しめます。

店員さんがずっとそばにいるわけではないので気兼ねせずにのんびりと見たい方におススメです。

石川サイクルは「沖縄1入りにくい」とメンバーさん達に茶化されますが確かに量販店さんの「入りやすさ」は見習うべきところかと感じました。

価格に関しては専門店とそこまでの開きは無いかと感じましたがモデルチェンジのセールは早い段階で行われていますね。

アフターサービスに関してはスタッフ間で開きがあるようなので平均値が曖昧。ベテランのメカニックがいないのは不安と言えます。

入りやすいお店でエントリーモデルを多くの展示の中から選んでいきたいという方におすすめ。

専門店について

それではいよいよ我々専門店についてです。

ネット販売、量販店共に面白いところがあったので色々見てみて楽しかったです。

専門店にもメリット、デメリットがあるので反省点を考案しつつ書いていきます。

メリット

・展示は全て正規ルートで入った正規品

・プロメカニックからのアフターサービス

・走行会などのイベントがある

デメリット

・敷居が高く入りずらい

・ネット販売の様な大幅な値引きがあまりない

・犬が走り回っている(石川サイクルのみ)

やはり量販店と比べ専門店は基本的に入りづらいかなと思います。

当店では大型のラブラドルレトリバーが店内をノーリードで走り回ってますが犬が苦手な方はご来店時お気軽にお電話ください。別室待機させます(笑)

ちょっと脱線しました。

専門店の場合、大幅ディスカウントはあまり無いですが定期的なメンテナンス、整備、フィッティング、アドバイス等を常に受けられます。

ネット販売等で購入した場合はセルフメンテか専門店お持ち込みとなりますがお持ち込みの場合は工賃が発生します。定期的にアフターサービスを受けたい場合は専門店にて購入した方が長い目で見てお得と言えます。

その他 中古など

最近中古バイクなどのネット販売も多いですが素人目には全く分からない事故車の販売も目立ちます。

最近あったのは「ガタがとれない」とお持ち込みカーボンフレームから素人目には分からないクラックがありました。

そのような事もありますので中古バイクはおススメは出来ないと言えるでしょう。

まとめ

ネット販売、量販店、専門店のどちらもメリット、デメリットがあります。

そちらをご理解の上ご自分に合った販売店で購入していただければと思います。

結論としては乗る人が満足すればOK。

自転車選びも楽しさの1つですのでゆっくり選んでみてはと思います。

Translate »